意味、幸せ、そして目的

Aaran Sohl氏

 

TIAでは、人生で最も重要な2つのことは、内なる真実と静けさにつながること、そして世界にポジティブな影響を与えるための自己表現であるという認識に基づいて、ウェルネスの枠組みを採用しています。Emily Esfahani Smith著の「The Power of Meaning」を参考にしています。この本では、帰属感(何をしたか、何を与えたかではなく、自分が何者であるか、何を感じ、何を考えているかを全面的に受け入れられること)、超越の体験(生命やそれを生み出す知性との直観的なつながりを経験すること)、目的を持つこと(世界にポジティブな形で貢献できる、自分が楽しんで提供できるスキルやサービス)、健全な物語(過去のネガティブな経験を克服し、回復力を身につけるために、自分をヒーローとして見ることができること)に焦点を当てています。

 

これらの原則は、計画(内部リンク)や評価(内部リンク)に織り込まれており、どの原則に焦点を当てるのが自分に合っているかを見つけられるようになっています。では、この4つの分野をより深く理解するために、それぞれの意味を掘り下げてみましょう。そして、なぜ幸せが人生で最も重要なことではないのかを考えてみましょう。

 

  1. 帰属意識

 

仏教では、ブッダ、ダルマ、サンガという3つの宝珠があります。帰属意識とは、第3の原理であるサンガ(精神的共同体)と関係があります。自分の道を見つけることを奨励してくれる高揚感のあるコミュニティがあれば、家にいるような、自分の居場所があるような気分になります。しかし、このようなコミュニティをどうやって見つけるのでしょうか?多くの場合、家族はこのようなコミュニティを提供してくれませんし、友人や同僚は私たちに合わせて圧力をかけてくるかもしれません。コミュニティを見つけるための最初のステップは、自分が本当は何者で、何者になりたいのかを認めることです。そうしないと、あなたの本当の良さを認め、反映してくれる人たちを引き寄せることができないのです。創造的可能性のスティルネス・リトリートでは、自分の内面を見つめ、本当の自分とのつながりを取り戻すための一歩を踏み出す機会を提供しています。

 

  1. 超越の体験

 

仏教の宝石であるブッダは、意味のある人生を送るためのこの要素に登場します。悟りを開く必要はありませんし、スピリチュアルである必要もありません。この原則は、自分自身と自分の周りの世界について、より大きな神秘的な体験への道を指し示すだけです。超越的な体験をすることで、遠くの星や宇宙全体、そして飛び跳ねる小さなカエルや這うトカゲとつながっているように感じることができます。また、自然の中の川辺や自宅の菜園に座っていると、清らかな気持ちになり、心が休まります。自分よりも大きなものとのつながりを感じることができないと、日常の問題に迷い、人生の展望や自己評価を欠いてしまうことがよくあります。創造的な可能性のスティルネス・リトリートでは、自分自身をより大きな存在の一部として捉え、人生により多くの感謝と愛を生み出すための視点と実践を提供します。

 

  1. 目的を持つ

 

Hector GarciaとFrancesc Mirallesの著書「IKIGAI」では、目的とはこの4つの領域の重なりであると述べています。

 

自分の好きなこと

自分が収入を得られること

あなたの地域に役立つこと

自分の得意なこと

 

この4つに当てはまるものを人生で見つけたとき、あなたは自分の目的を見つけたことになります。とはいえ、何か大きなことをしたり、成し遂げたりする必要はありません。ポジティブなミッションを持つチームや会社で小さな役割を果たすことは、世の中にポジティブに貢献することになります。もしかしたら、あなたは世界をより良くするための壮大なアイデアを持っていないかもしれません。自分が何をしたいのか分からず、それを探る時間が必要なのかもしれません。地域社会でボランティア活動をしながら、それを模索するのもいいでしょう。積極的なミッションを持つ企業とコラボレーションするのもいいでしょう。4つの分野のうち1つから始めて、残りの分野を徐々に探っていきましょう。まだ自分の目的を見つけていなくても落胆する必要はありません。ただ、何らかの形で地域社会に貢献するために最善を尽くすことが大切です。創造的可能性のスプラッシュでは、人生の目的の4つの分野に向かうための旅のヒントと自己探求の練習を提供しています。

 

  1. 健康的な読み聞かせ

 

意義のある人生を送るための4つ目の要素は、Thich Nhat Hanhの書によく出てくる「No Mud, No Lotus」という言葉に関連しています。有意義な人生を送るためには、困難な状況においてもポジティブに捉えることができる能力が必要です。過去の困難(泥)が、学び、成長し、人を助ける機会(蓮)を与えてくれたことを振り返ることができれば、醜いものを美しいものに変えることができます。

 

健全な読み聞かせとは、痛みやサポートの必要性を無視することではありません(帰属意識の重要性を忘れないでください)。ありのままの自分を受け入れ、愛してくれるコミュニティを見つけて、そこでトラウマを癒すことが重要です。泥の中で静けさを見つけた後に、あなたの核となる種が成長して蓮になり、困難な時にも意味を見出すことができるのです。創造的な可能性のスプラッシュリトリートでは、より目的のある人生を築き、コミュニティに貢献するための視点を見出すための練習を提供しています。

 

  1. 幸せ

 

幸せとは感情です。欲しいものが手に入ったとき、好きな人に注目されたとき、自分で何かを買ったとき、Facebookでたくさんの「いいね!」をもらったときなど、私たちは幸せを感じます。しかし、幸せはすぐに消えてしまいます。また、自分の人生に意味がなければ、外界から生み出される瞬間を追いかけることになってしまいます。一方、意味とは、自分の中で創り出すものであり、自分が世界をどのように見ているか、どのように世界と関わっているかということです。直感に従って行動すると、自分に誇りが持てます。そして、自分の価値を認めることは、幸せよりも大切なことです。自分の中の静けさを大切にしながら、世界で活躍することが生きがいにつながります。一瞬の幸せを追い求めることは、多くの場合、苦しみをもたらすだけなのです。

 

もし、あなたが自分の中にあるより深い真実を求め、自分の創造的な可能性を探求したいのであれば、私たちの創造的な可能性のリトリートに参加してください。もしあなたが、より少ない構造でより多くの休息の時間を持てるような有意義な休暇を求めているのであれば、ぜひ私たちの創造的エネルギーのご滞在にご参加ください。

 

~ Aaran氏はルミナリエ・ライフの共同設立者です。彼は素晴らしいチームと共に、TIAリゾートでの創造的エネルギーと創造的な可能性の滞在の実現に貢献してくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です