ローフード: 最初の一口で恋に落ちる

Aryana Teja Solh氏 

ロー・リビング・フード(サンフード)とは、すべての果物、野菜、ナッツ、種子などを加工せずに新鮮な状態で食べることです。ローフード生活の利点は、精神的な明瞭さ、エネルギーの増加、減量、消化の改善、免疫力の向上、輝く肌など、数多くあります。 お皿を洗うのも楽になりますよ。しかし、生の食生活で最も驚くべきことは、一口一口を信頼できることではないでしょうか。

 

8年前、私が生のビーガン食を始めたのは、誰かに健康的だと言われたからでも、おしゃれだと言われたからでもなく、味も気持ちも良かったからです。 初めてのローフードは、赤と緑のキャベツのサラダにアボカドを添え、オレンジジンジャーのドレッシングをかけたものだったのを覚えています。 ボウルの中で踊る赤紫とオリーブグリーンの鮮やかな美しさに畏敬の念を抱きながら、私はフォークを使うことをやめて、手で美味しさをすくい取ることにしました。 突然、「この一口一口が私にとって良いものなんだ!」という思いが湧き上がってきました。ほどなく、私の顔には満面の笑みが浮かび、耳から耳へと広がり、キャッキャッと笑い、そして腹の底から笑い出す雷雲へと変化していきました。 私は恋に落ちたのだ。 私は水を発見したように感じました。 ある意味では、私は水を発見したのです。私が想像しうる最も栄養価の高い水を。

 

なぜ生なのか?

食事をした後、喉が渇いてコップ10杯分の水を飲めるような感覚になったことはありませんか?さて、食べ物が調理されるとき、最初に行くことの1つは水です。 パスタを食べた後に脱水症状を感じるのはこのためです。生で食べる場合は、大地から採れたものにはもともと水分が多く含まれているので、水分は少なくて済みます。地球上の水事情の変化に伴い、水分の多い生きた食品を食べることが重要になってくるかもしれません。

 

水のほかに、調理の過程で失われるものはあるの?

台所で料理をしていると、いい匂いがするでしょう?それは、栄養が空気中に放出されているからなのです。 食べ物が120度以上に加熱されると、酸素、酵素、水分が破壊され、ミネラルが消化されにくくなり、体内の酵素を使って消化しなければならなくなります。これらの酵素は、本来であれば細胞の修復や老廃物の排出に使われるものです。

 

酵素には、食物酵素、消化酵素、代謝酵素の3種類があります。食物酵素は、すべての生の食品に含まれており、果物を熟させる働きがあります。消化酵素は、消化管内で排泄され、食物を分解します。代謝酵素は、私たちの臓器、組織、細胞の健全な機能を担っています。摂取した食物に酵素が含まれていない場合、体は自らの消化酵素を使わなければなりません。消化酵素が枯渇すると、体は蓄えていた代謝酵素を使わなければならず、これが退化、免疫力低下の要因の一つとなります。

 

生の食品には、十分な量のミネラル、ビタミン、栄養素が、生物学的に利用しやすく、吸収しやすい形で含まれています。 自然には疑う余地のない知性があり、自然から直接食品を食べると、その知性を自分の中に取り込むことができます。

 

食べ過ぎについての真実

食べ過ぎには、身体的、感情的、精神的な理由があります。 生理的なレベルでは、過食は単に体が「あー、すみません。 今、私に何を食べさせたのですか? あれは栄養か何かのつもりだったの? 私は何も得られませんでした。 もうちょっと食べたほうがいいんじゃない? 」と言っているかもしれません。食べ物を調理すると、その分子構造が変化し、消化管がそれを食べ物として認識しないことがあります。 また、血液中の栄養濃度をチェックする脳の上位性が、十分な栄養素を認識できず、体に「まだ足りない」と信号を送ってしまうのです。 ミネラルや酵素が不足している加工食品は、中毒性が高いと言われています。 カロリー計算やダイエットではなく、自分を愛し、教育を受け、ミネラル豊富な植物性の食生活に戻すことが必要です。

 

感情的なレベルでは、私たちは愛と人とのつながりを最も求めています。 体に良いか悪いかに関わらず、子供の頃にお父さんやお母さんが食べさせてくれたものは、安心感や大切にされているという原始的な感覚と結びついているはずです。 このような食べ物を食べないようにすることは、自分から愛を奪っているように感じることがあります。自分の「食べ物の痕跡」を意識するだけで、愛されることへの連想がゆっくりと、しかし自然に変化していきます。

 

消化

どんなに美味しいものを食べても、きちんと消化吸収されたものだけが栄養になるということを忘れてはいけません。消化とは、食べたものを体の中で液体にすることです。 生の食品を吸収するには1日2カップの消化液が必要で、調理済みの食品を分解するには平均2ガロンの消化液が必要になります。食べ物の消化には、体のエネルギーの90%が必要です。 そのため今度、もしあなたが1週間もランチを食べた後に眠たいと感じたら、これが原因かもしれません。

 

4 消化を良くするための4つの簡単なステップ

 

  1. 飲酒と食事の同時進行は避ける。何かを飲むと、体に特定の信号が送られ、食べると、全く別の信号が送られます。 この2つの行為を同時に行うと、お互いに打ち消し合ってしまいます。
  2. 呼吸をしよう!  深い呼吸は、体の細胞に栄養を与え、内臓を浄化し、マッサージします。 食後に10回の深呼吸をしましょう。
  3. 1日1回、ブレンドした食事をしましょう。 新鮮な野菜ジュースや生のスープ、スムージーなど、体がより早く栄養を受け取り、分解する時間とエネルギーを節約することができます。 キュウリ、セロリ、リンゴのジュースなどがお勧めです。
  4. 消化を良くするためには、一緒に食べてはいけない食品があります。適切な食べ物の組み合わせについて学びましょう(グーグルで検索すればすぐに見つかります)。

タンパク質

植物性の食事について最もよく聞かれる質問は、「タンパク質をどこで摂ればいいのか」というものです。 正しい知識を身につければ、植物性の食事でも十分にタンパク質を摂取することができます。 健康になるためには、動物性のタンパク質を摂らなければならないという考えは、必ずしも真実ではありません。 スピルリナは、肉や魚、卵を合わせたものよりも吸収率の高いタンパク質が90%も含まれている世界最高のタンパク質食品です。 緑葉、麻の実、ビーポーレン、藍藻などにもタンパク質が含まれています。ナッツや種子も同様です。

 

しかし、実はタンパク質だけでは健康な体を作ることはできないのです。必要なのは、タンパク質の構成要素であるアミノ酸です。体内にタンパク質が入ると、それをアミノ酸に分解し、その酸を体が利用できる新しいタンパク質に改めなければなりません。アミノ酸を多く含む植物(すべての植物性食品)を食べると、消化や代謝のプロセスにかかるエネルギーを大幅に節約できるため、体が軽くなり、1日のうちで自分の本当の意味を追求したり、世界でクリエイティブな活動をしたりできる時間が増えます。昼寝の必要性が減ることで、喜びの時間が増えるのです!

 

喜びについて

よく、人々は「生で食べるなら、好きな食べ物を全部あきらめなければならないのですか? 」質問します。私の答えはいつも「いいえ!」です。 これは、豊かさと最も自然なものに戻ることを意味していますので、何かを取り除くのではなく、何かを加えてみてください。 朝からスーパーフードのスムージーを飲んだり、鮮やかな緑のサラダを食べたりすることは、誰にでもできることです。そうするだけでも違います。 最初のうちは、体が慣れることが難しくかと思います。しかし魔法の薬はありません。 何かを奪うのではなく、生命力のある食べ物を少しずつお皿に載せていきましょう。 体は与えられたものを欲しがります。 栄養価の高い食品を食生活に取り入れることで、体は自然とそれらの食品を求めるようになります。気がつけば、朝食にスムージーボウルを食べたいと思うようになり、以前はソーセージでお皿をいっぱいにしていたことを忘れてしまうほどです。

 

母なる自然は、私たちが成長するために必要なものをすべて提供してくれています。味覚、食感、色、そして美しさ……それらすべてがローフードには備わっています。 それは気持ち良くて、おいしいし、素敵すよね。 ローフードと聞いてまず思い浮かぶのは、セロリのスティックの山かもしれません。少し試してみた後、代わりに生のゴマオリーブパンの上に挽きたてのコショウで巻いたマカダミアチーズボールを思い浮かべることをお勧めします。 ルールはありません。 誰もがキッチンでアーティストになれるのです。特にローフードでは。洗練されたものは、あなたが喜んでやってみる度に起こるのです。  

おすすめの本

The Sunfood Diet Success System( David Wolfe著)

Conscious Eating (Gabriel Cousens著)

Raw Family ( Victoria Boutenko著)

Ani’s Raw Kitchen (Ani Phyo著)

RAW: The UNcook Book (Juliano著)

The Detox Miracle Sourcebook (Dr Robert Morse著)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です